Rails5でkaminari + faker + bootstrap を使ってページネーションを作成する。

kaminariというgemを使ってページネーションを実装していきます。ある程度データが必要なのでダミーデータはFakerを使って投入します。kaminariにはあらかじめテーマがいくつかあるようですが、今回はbootstrapを適用したいと思います。i18nで日本語化もします。

Kaminari
https://github.com/kaminari/kaminari
Faker
https://github.com/stympy/faker
https://remonote.jp/rails-gem-faker

バージョンはこちらです

準備

scaffoldでユーザーを作って進めていきます。

Gemfile

application.cssの方はScssを使うのでリネームします。
application.css => application.scss (application.css.scssとしてもOK!)

app/assets/stylesheets/application.scss

fakerでseedデータを入れる

db/seeds.rb

kaminariを適用する

次のコマンドでkaminariの設定ファイルが生成されます。

config/initializers/kaminari_config.rb

config.default_per_page = 5で全体として1ページ辺りの項目数を設定するか、モデル毎に設定する場合は次のように書きます。

app/models/user.rb

app/controllers/users_controller.rb

一覧表示するデータの上と下の2箇所に、kaminariのヘルパーを一行づつ追記します。

app/views/users/index.html.erb

これで5件づつ表示できるようになりました。
railsでbootstrapとkaminariでpagenationする

i18nで日本語化

config.i18n.default_locale = :jaを以下のあたりに記述します

config/application.rb

config/locales/ja.yml

はい、以上です!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!😃


投稿者:

Shuji Tenra

「仕事に特化したQ&AサイトJobQuery【ジョブクエリ】」の開発/運営をしています。https://jobquery.jp