【Rails】gem ‘faker’ を使ってダーミーデータを生成する

rails gem faker image

開発環境でアプリケーションを動作させるときなど、ある程度まとまったデータがデータベースにあると便利です。そこで簡単に多種多様なダミーデータをデータベースに投入できるgemライブラリの”faker”がありますので、その基本的な使い方の紹介です。
fakerは日本語対応もできますが、ふりがな(及びフリガナ)には対応していないので、その場合は同様のライブラリのgimeiで対応可能です。

Faker
https://github.com/stympy/faker

動作環境はこちらです

gemのインストール

Gemfile

$ bundle install します

メソッドの確認

こちらから使用したいメソッドを確認できます。

コンソールで試しに、 Faker::Dessertで variety, topping, flavor を数回入力してみると、ランダムにダミーデータを取得できました。

seeds.rbの編集

それではseeds.rbを編集して、ダミーデータをUserテーブルに投入します。
integerやboolean対応のダミーデータもありますので使用してみます。

db/seeds.rb

seeds.rbファイルの実行

rails db:seed コマンドを実行すると、データが投入されます。

viewで確認すると次の通りになりました。

rails faker

fakerの日本語化

fakerのロケールファイル一覧はこちらにありますので、その中からja.ymlをダウンロードして lib/locales/ja.yml に配置します。

以上です!!

日本語のふりがな(及びフリガナ)に対応した、同様のライブラリ”gimei”の記事はこちらです。
https://remonote.jp/rails-gem-gimei-japanese


投稿者:

Shuji

読書したり、プログラミングしたりしています。何かアウトプットできそうなものがあれば投稿していきたいと思います。