【Rails5】Devise-i18nで日本語化する

Deviseの日本語化の手順をまとめました。

デフォルトのロケールを設定

デフォルトのlocaleは暗黙的に:enになっているかと思いますので、”config.i18n.default_locale = :ja”を以下のあたりに記述します。

config/application.rb

必要なgemを記載

Gemfile

“$ bundle install”します。

Deviseの日本語化

次のコマンドで日本語翻訳ファイルを生成します。

生成されたファイルにエラーメッセージを追加しています。和訳の内容は適宜変更してください!

config/locales/devise.views.ja.yml

あとは”$ rails s” でアプリを再起動して、完了です!!
ご覧いただき、ありがとうございました!😃


投稿者:

Shuji

読書したり、プログラミングしたりしています。何かアウトプットできそうなものがあれば投稿していきたいと思います。