【 Django入門】venv(仮想環境)でプロジェクトを立ち上げて GitHubにpushするまで

Pythonのwebフレームワークである、Djangoを Mac + venv(仮想環境) で、ローカル環境に立ち上げて、GitHubにpushするまでをメモしました。

Pythonのバージョン

MacOSの場合、デフォルトでPython2系がインストールされているかと思います。バージョンを確認する場合、ターミナルで以下のコマンドを実行します。

最新のバージョンをインストールする場合は、Python公式サイトよりダウンロードして、インストールしてください。(2018.10.24現在はPython 3.7.1)

venv(仮想環境)の作成

適当なディレクトリ(ここではd-project)を作って、そこに移動します。

python3のバージョンを指定して、次のコマンドで、venv(仮想環境)を作成します。(ここではmyvenv)venvはPython3.3 から標準で取り込まれています。

仮想環境をアクティブにします。

アクティブモードから抜けるときは $ deactivate です。

Djangoのインストール

Djangoのインストールには、pip(ピップ)というPythonのパッケージを管理するツールを使用します。Macはデフォルトでpipが導入されていて、 $ pip -V コマンドで確認ができます。まずはpipを最新バージョンにします。venv内ではpythonのバージョン指定は不要です。

次のコマンドを実行すると、最新のバージョンのDjangoがインストールされます。Django公式サイトにてlatest official versionが確認できます。

次のコマンドはpipで管理しているパッケージの確認ができます。

Djangoプロジェクトを作成

それでは次のコマンドでプロジェクト(ここではmysite)を作成します。コマンドの最後にピリオド . を忘れないように。これは、現在の作業ディレクトリにDjangoをインストールするということを示しています。

プロジェクトを起動する前に、myite/settings.pyに言語とタイムゾーンを日本に設定しておきます。

mysite/settings.py

次のコマンドを実行して、データベースを作成します。

サーバーの起動

次のコマンドでローカルサーバーの起動をします。

http://127.0.0.1:8000/ にアクセスして、次のような画面が表示されたら、成功です!ちなみに、サーバーの停止はショートカットで Control + C です。

GitHubへpush

GitHubのアカウントを取得していない場合はGitHubページから、アカウント登録をします。

ルート・ディレクトリで次のコマンドを打ち、Gitリポジトリの新規作成、または既存のGitリポジトリの再初期化を行います。

Gitはすべてのファイルの変更履歴を管理しますが、管理対象に含めたくないファイルは .gitignore をルート・ディレクトリに作成して管理します。内容は以下の通りとしました。

.gitignore

次のコマンドで、カレントディレクトリ(自分の今いるディレクトリ)以下の全てのファイルをステージングエリアに追加します。「.」がカレントディレクトリを示します。

「-m」フラグで、コミットメッセージをつけて変更をコミット(保存)します。

※「git add .」 と 「git commit -m」 を 一度に行う場合は「git commit -a -m “コミットメッセージ”」です。

GitHubページで New repository を作成しておき、次のコマンドでリモートリポジトリを追加します。

そして、次のコマンドで、ローカルリポジトリを、リモートリポジトリにプッシュ(同期)します。

Username と Password を聞かれるのでGitHubのアカウント設定のものを入力します。

以上です!ご覧いただき、ありがとうございました!😀

続編として、【Django入門】Hello Worldの表示と、Templateでhtmlページの表示も合わせて、ご覧ください!


投稿者:

Shuji

読書したり、プログラミングしたりしています。何かアウトプットできそうなものがあれば投稿していきたいと思います。