【書籍】多動力「堀江貴文」

書籍紹介

「多動力」とは何か。筆者: 堀江貴文氏言わくそれは、いくつもの異なることを同時にこなす力のこと。誰もが限られた時間しかない人生で、どれだけのことを成し遂げられるだろうか。筆者は実業家コンサルタント、タレント、プロデューサー、アドバイザーなど多くの肩書きをもち、毎月1冊ペースで本を出し続け、毎週のメルマガの配信は欠かしたことがない(刑務所に収監中も)。かつてないほど、多様化した現代で多くの仕事を同時にこなし、成果を出し続けるための「多動力」の秘訣が本書には散りばめられている。


目次紹介

第1章 1つの仕事をコツコツとやる時代は終わった

  • 寿司屋の修業なんて意味がない
  • あなたの貴重な時間を「情報」を得るために使ってはいけない。オープンイノベーションにより、「情報」それ自体の価値はゼロになる。

  • 三つの肩書きをもてば あなたの価値は1万倍になる
  • あなたの代わりがいる限り、あなたの値段は上がらない。複数の肩書きを掛け算し、レアな存在になろう。あらゆる産業の”タテの壁”が溶けた今、一つの肩書きにこだわってはいけない。

第2章 バカ真面目の洗脳を解け

  • ベストセラーはコピペ本
  • 「全部自分でやらなければいけない」という思いこみをしていては、多くの仕事を手掛けることはできない。自分が最も力を発揮できる仕事だけをやろう。

  • 手作り弁当より冷凍食品のほうがうまい
  • 「すべての仕事で100点を取らなければいけない」と追いこまれてしまっては、すぐに息切れするし、大量のアウトプットをすることはできない。たまに”手抜き”をすることで、膨大な仕事を継続的にすることができる。

  • 見切り発車は成功のもと
  • 準備にかける時間は無駄である。見切り発車でいい。すぐに始めてしまって、走りながら考えよう。

第3章 サルのようにハマり、鳩のように飽きよ

  • まずは、一つのことにサルのようにハマれ
  • 「ハマる」ことも才能だ。僕のように何百ものことにハマるためには、まず一つのことに徹底的にハマってみよう。バランスなんて考えず、偏って、極端に。

  • 飽きっぽい人ほど成長する
  • 「飽きる」ということは何もネガティブなことではない。飽きるというのは、慣れて、余裕が出たということだ。大事なことは、飽きたらすぐに捨てることだ。

第4章 「自分の時間」を取り戻そう

  • 経費精算を自分でやるサラリーマンは出世しない
  • 人生の中で「ワクワクしない」時間を減らしていこう。そのためには、「やらないこと」を決めることが重要だ。

  • 電話をかけてくる人間とは仕事をするな
  • 電話というのは、一方的に人の時間を奪うものだ。そういう前時代のツールを使い続けているような人とは、付き合わないほうが良い。

  • 大事な会議でスマホをいじる勇気をもて
  • 他人の目を気にするのをやめないと、「自分の時間」は生きられない。

  • おかしなヤツとは距離を取る
  • 「自分の時間」を生きるためには「付き合わない人」も明確にしよう。

  • 仕事を選ぶ勇気
  • 「仕事を選ぶ」ということをネガティブに捉える人がいる。だが、嫌な仕事、気が乗らない仕事は断らなければ、「仕事」に振り回されて「自分の時間」がなくなってしまう。大丈夫。仕事は逃げない。仕事を選ぼう。

  • 『君の名は。』がヒットした理由
  • 現代人は「無駄な時間」を我慢できない。

第5章 自分の分身に働かせる裏技

  • 自分の分身に仕事をさせる技術
  • 世の中には2種類の人間がいる。それは、「原液」を作る者と「原液」を薄める者だ。「原液」を作れば、自分の分身が勝手に働いてくれる。あなたは「原液」を作れているだろうか?

  • 教養なき者は奴隷になる
  • 「原液」を作るのに必用なもの。それは「教養」だ。太い幹となる「教養」があれば、枝葉は無限に伸びていく。

  • 知らないことは「恥」ではない
  • 「教養」とは違い、専門外の情報や知識は恥ずかしがらないで、聞けばいいだけだし、ネットで調べれば一瞬でわかる。こんな簡単なことをやらない人が意外と多い。

  • なぜ、デキる人は「質問力」が高いのか
  • まともな「質問」ができない人が多すぎる。「いい質問」をするためには、自分の中で論点や疑問をきちんと整理しないといけない。「質問力」はビジネスパーソンとして必須の能力だ。

  • 99%の会議はいらない
  • 「無駄な会議」をなくすためには、論点を明確にし、情報を集め、感情を捨てよ。

第6章 世界最速仕事術

  • すべての仕事はスマホでできる
  • スマホでできるのに電話を使い、家でできるのに通勤する。あなたが忙しいのは、仕事が多いからではない。無意味な時間をなくさなければ、多動力を発揮することはできない。

  • 仕事の速さはリズムで決まる
  • 大量の仕事をこなすために、必要なのは「速度」ではなく「リズム」だ。「リズム」を乱さず障害を取り除き、一直線に駆け抜けよう。

  • ヒマな人ほど返信が遅く 忙しい人ほど返信が速い
  • 仕事がどんどん溜まっていく人は、仕事量が多いわけではない。渋滞が起きるのは当たり前だと思いこみ、渋滞をなくす「一工夫」をしていないのだ。

  • 刑務所にいても一度もメルマガを遅らせなかった秘訣
  • どんな過酷な状況であれ、与えられた条件の中で最大限の効率化を図る。

  • 1晩に10件以上をハシゴしろ
  • 会議は1回1時間、会食は1日1回など、固定概念を決めていないだろうか?猛烈に濃密に生きるためには、次から次へと短時間でハシゴしよう。

  • 仕事の質は睡眠で決まる
  • 「よく寝る」は基本。「多動力」を発揮するために、睡眠時間を削るのは本末転倒だ。よく寝てこそ、超人的なスケジュールをこなすことができる。

  • さよならストレス
  • 本音で生きればストレスは溜まらない。言いたいことを言って、食べたいものを食べて、寝たいだけ寝よう。

第7章 最強メンタルの育て方

  • 恥をかいた分だけ自由になれる
  • あなたが多動になるための最大のハードルは「他人にどう見られるだろう?」という感情だ。はっきり言おう。誰もあなたには興味がない。好きなように生きて、思いっきり恥をかこう。

  • 小利口はバカに勝てない
  • リーダーはバカでいい。いや、バカだからこそ、リスクを考えずに手を挙げられる。あなたが手をあげれば、小利口な人間が必ず手助けしてくれる。勇気を出して、手を挙げるバカになろう。

第8章 人生に目的なんていらない

  • 永遠の3歳児たれ
  • 「多動力」は大人になるにつれ失われていく。つまり、未知なるもの、新しいことに興味がなくなったとき老いが始まるのだ。いつまでも3歳児のような好奇心をもって生きていこう。

  • 資産が人を駄目にする
  • 資産や資格なんていっそ捨ててしまおう。自分がもっているものを何とか生かそうとすることで、あなたの動きは遅くなる。手持ちのカードを捨て「やりたいこと」に最短距離で行こう。

  • ハワイに別荘なんてもつな
  • ハワイに別荘なんてもつな。予定調和の幸福を求める人生はつまらない。

  • 人生に目的なんてない
  • 人生に目的なんてない。今を楽しむことだけが、すべてなのだ。


投稿者:

Shuji Tenra

「仕事に特化したQ&AサイトJobQuery【ジョブクエリ】」の開発/運営をしています。https://jobquery.jp